■ ジュニアE 試合結果 ■

 3/4トレーニングマッチ(しらこばと運動公園第二競技場)
VS プライドFC FCレガーレ 
12分ハーフ 4試合 15分2試合

【テーマ】
「ポジションの役割」

本日のテーマは「ポジションの役割」
少しずつポジションの役割を感じてもらいたく、今日は各試合ごとに違ったポジションでプレーしてもらいました。それとトラップ、ターンの重要性を伝え試合に臨みました。

今までとは違ったことを始めたので、戸惑う子が多くみえました。その中からまた違った可能性も多く感じれました。期待通りのプレーをしてくれた子、このポジションだと、とても良さが出た子など収穫が多くあった試合になりました。対戦してくださったプライドさん、レガーレさんのレベルが高かったことも子どもたちの良さを引き出してくれたのだと思いました。
今日の素晴らしいプレーは、マイナスのボールのセンタリングからワントラップでターンしキーパーと1対1の状況を作ったこと。得点にはなったのですが、トラップ&ターンの時点で勝負ありました。みていた子はまだシュートばかり目がいってしまいますが、そこまでの過程をみれるようになったら嬉しいかな。

試合ではありませんが、残念なことが。最後の片づけにとても時間がかかっていました。
準備や片づけ、本来は全部自分たちでするもの。そういったことからも沢山成長できるので頑張っていきましょう。

プライドFC、FCレガーレの皆様、本日はありがとうございました!
また、よろしくお願いいたします。

保護者の皆様、本日もサポートありがとうございました!

 2/25 松伏カップ(松伏総合公園)
16チーム中10位
【予選リーグ】
 VS●吉川武蔵野 
 VS○ゼウシス
 VS●YANAKA
(3位で敢闘賞トーナメントへ)

【敢闘賞トーナメント】
 VS○南郷 
 VS○清水台
 VS●GRANDE

おそらく2年生として最後の大会。

予選リーグは、メンバーも平均的にチームを作り臨みました。
全体的にボールへのプレッシャーも早く、自分たちのペースで試合運びができていたと思います。やられたのはFK2本。自分たちのペースでやれていた分、負けた実感はないかな。「自分たちのペース=勝ち」にはなりません。
これからは内容もそうですが、試合で勝つということも必要になります。勝つとモチベーションもあがります、チームの雰囲気もよくなります。
少しずつ結果へのこだわりも持ってほしいです。

敢闘賞トーナメントはメンバーを固定して臨みました。
初戦はプレッシャーも早く、自分たちのペースでやれてました。結果も出て自信になってくれたのではないかな。ただボールに集まってしまい団子サッカーになることが多かったです。周りを見ながら動けるようになると更によくなります。
準決勝も自分たちのペースでしたが先制されました。今までだとこのままズルズルいくところでしたが、最後まであきらめない気持ちとプレーで逆転。よく頑張ったと思います。
敢闘賞トーナメント決勝は相手のうまさ、ボールへのプレッシャーの速さにやられてしまいました。各人がうまくいかなかったことを思いだし、次へ必ず活かしてください。

【2年生のみんなへ】
自分のプレー、本当に全力を出し切りましたか?
(これ以上走れなくなるくらい全力を出し切りましたか?)
試合に入るまでの準備をしっかりとしましたか?
(自分たちの持ち物など、自分でやらなければいけないことをパパやママがやってくれると思っていませんか?)
試合中、少しでも諦めることはありませんでしたか?
(人任せにして、ボールが取れるかもしれないのに追わなかったりしませんでしたか?)

自分自身としっかりと向き合ってほしいです。

大会を開催してくださった松伏FCの皆様、本日はありがとうございました!
対戦してくださったチームの皆様、ありがとうございました。

保護者の皆様、寒い中、たくさんの応援、本当にありがとうございました!

 2/24トレーニングマッチ(大沼グランド)
VS 大増サンライズ、FCリアル、三郷FCjr、川越ライオンズ、にいざえーす
10分ハーフ 全5試合

前半組は全体のバランスを取りながらやってました。バランスを取りすぎて攻撃時に人数がかけられませんでした。
後半組は攻撃への迫力はとてもありましたが、前がかりになったところで失点してしまうことがありました。
同じパターンでの失点が多いですね。周りの状況をみて人任せにしないようにしましょう。
みんながチームのことを考えて動ける選手になったら最高です。

トレーニングマッチを開催してくださった大増サンライズの皆様、本日はありがとうございました!
また、対戦してくださったチームの皆様、ありがとうございました。

保護者の皆様、サポートありがとうございました!

 2/12 指導協トレーニングマッチ((しらこばと運動公園第二競技場)
VS 蒲生東、サンシン、宮本 
VS 桜南、宮本、サンシン

テーマ【各ポジションでの役割】
ジュニアフルコートで3年生3チームと対戦させていただく機会をいただきました。
今まではポジションを決めないで試合に臨んでましたが、少しずつ各ポジションでの役割なども伝えながら試合に臨んでもらいました。みんなの頑張りをみて、今後に多くの期待を持つことができました。これからがとても楽しみです。

3年生の試合に出なかったメンバーも同学年とのトレーニングマッチに臨みました。
普段は消極的な子が一生懸命にボールを追いかけている姿、サッカー始めて期間は短いながらもとても成長を感じれました。そんな子が本日初得点。頑張っていると必ずいいことありますね。嬉しい一日となりました。


保護者の皆様、寒い中、たくさんの応援、本当にありがとうございました!

 1/14 FCリアル主催 与野キッズ大陸 リアルカップ(キッズ大陸さいたま与野園)
2チームエントリー

越谷FC Seele(準優勝)
【予選リーグ】
 VS○上福岡少年少女 
 VS○FCリアル Alma
 VS○金山FC
(1位で決勝戦へ)
【決勝戦】
 VS●FCリアル Seele 

越谷FC Alma(5位)
【予選リーグ】
 VS○すみれFC 
 VS●FC上新井
 VS△FCリアル Seele 
(3位で5、6位決定戦へ)
【5、6位決定戦】
 VS○金山FC 

2チームでエントリーさせてもらいました。
フットサルコートでの6人制。
普段からやっているボールへのプレッシャー、その後のサポート、今日はそこへボールを奪った後の判断を見ていました。

ボールへのプレッシャーは早くなってきました。サポートの有無でマイボール率が格段に変わってきます。Seeleはそこが比較的早かったですね。早いということは予測、準備、チャレンジができている証拠です。継続していきましょう。

Almaもボールへの多くあり、やられてしまいました。前にいきたい気持ちはとてもわかりますがバランスはとても大切です。これからの練習でやっていきましょう。

全体的にボールを奪った後、ドリブルでかわすというより相手にぶつかりながら進んでることが多かったです。相手の足がでない距離で仕掛けることが大切です。

両チームとも声も出ており雰囲気はよかったです。継続していきましょう。点を取られたときにチームを盛り上げる、まだまだこれからという声を出せると更によくなりますよ。

結果としては準優勝と5位でしたが大きな差はありませんでしたので自信を持ってこれからの練習をやっていきましょう。

大会を開催してくださったFCリアルの皆様、対戦してくださったチームの皆様、本日はありがとうございました。

保護者の皆様、寒い中、たくさんの応援、本当にありがとうございました!

 1/6プライドカップ(しらこばと運動公園第二競技場)
8チーム中6位
【予選リーグ】
 VS○栃木ウーヴァ 
 VS●プライド
 VS△FLAP FC
(3位で5〜8位トーナメントへ)

【5〜8位トーナメント】
 VS○FC向島ユナイテッド
 VS●FLAP FC

【テーマ】
「ボールへのプレッシャーを早く」
「声をだすこと」

新年初めての活動が大会でした。
全体的に体が重そうでした。

ボールへのプレッシャーが早いときは相手からの自由を奪い、自分たちのペースでやれていている時間がありましたが、ボールへのプレッシャーが遅くなると足が止まり何もできなくなってました。相手に合わせるのではなく自分たちが積極的にプレーしなければ何もうまれません。今日の決勝戦をみればわかるように、常にボールへプレッシャーをかけ続ける、体を当ててボールを奪う。それが当たり前にできるようにこれから頑張っていこう。

声をだすこと、これは色々な声があります。味方を助ける声、盛り上げる声、指示の声など沢山ありますがまずは自分が考えていること、プレーしながら感じていることを声に出すことが大切です。黙っているだけでは何も伝わりません。それは試合に出ていないメンバーも一緒です。自分は試合に出ていないから何もしなくていいことはありません。見て、感じて声をかける。外からの声でとても助けられますよ。

・フリーキックを狙ったところに蹴ってゴール
・センタリングからのボレーシュート
・点は取れなくとも積極的にボールに絡もうとしたところ
・相手のシュートを体を張って何度も防いだところ

他にもいいプレーたくさんありました。

大会を開催してくださったプライドの皆様、本日はありがとうございました!

保護者の皆様、寒い中、たくさんの応援、本当にありがとうございました!

 12/17 トレーニングマッチ(松伏町北部サービスセンター)
VS 松伏、FC Gois、プライド 
10分ハーフ 全6試合

チームの一体感は絶対に必要。今日はペアを組んでもらい、試合に出ていない子は試合に出場しているペアの子に声をかける。自分が思っていること、感じていることをしっかりと口に出すこと、全員が試合に入っていることの大切さを感じてもらいました。もちろん、コーチからの指示は一切ありません。

普段、ベンチで試合を見ている時、「自分は試合に出ていないから関係ない」という子が多くいましたが、今日は子どもたちの大きな声がグランドに響いてました。みんなでチームを盛り上げることの大切さを体感できたのではないかな。結果も負けなし。しっかりとサッカーに向き合えた結果だと思います。
これからも継続していこう。

松伏FC、FC Gois、プライドの皆様、本日はありがとうございました!
また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、寒い中、サポートありがとうございました!

 12/9 トレーニングマッチ(加須市民運動公園多目的広場)
VS FC KAZO 尾山台イレブンSS 
15分入替 全6試合
【テーマ】
「状況に応じてプレーしよう」

先日の雨で、他学年は相次いでTM中止でしたが、2年生は天然芝でのTMでしたので
問題なくできました。お誘いいただきましたFC KAZOさまに感謝。

本日のテーマは「状況に応じたプレー」
当たり前なのかもしれませんが、常に状況に応じたプレーをしなければなりません。
本日はグランドがとても広く、ジュニア公式戦と同じ広さ。こういう時には何が必要かを感じてもらいながら試合に臨んでもらいました。

ドリブルで抜けることが多くみれました。ただグランドが広いので、ドリブルだけでは相手に追いつかれてしまうことも多くみられました。そんな時にはパスも必要です。選択肢に考えながらプレーできている子は少なく感じました。これから沢山練習していきましょう。

FC KAZO、尾山台イレブンSSの皆様、本日はありがとうございました!
また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、寒い中、サポートありがとうございました!

 11/26上高野オータムカップ(幸手市営少年サッカー場)
12チーム中8位
【予選リーグ】
 VS●ゼウシス 
 VS○久喜東
(2位パートへ)

【2位トーナメント】
 VS●上高野
 VS●Himawari

悔しい結果となりました。
普段からやっているカバーリング、ポジショニングでの成長は見られました。
自然とポジションを取れるようなメンバーが増えてきました。
しかし、ボールを取った後、積極的にゴールに向かおうとするメンバー、それをサポートするメンバーが少なすぎます。ゴールへの意識を全員が持たなければなりません。そこはこれからの練習で頑張っていこう。

今大会で、コーチ自身として、多くの課題がありました。
・子どもたちをいかにやる気にさせることができるか
・試合中、声のかけ方やタイミング
・いかに子どもたちを試合に入らせてあげれるか等

子どもたちは日々成長している。ただその日のコンディション、モチベーションでプレーレベルが大きく変わります。もっと子どもたちと向き合い、よりよいコーチングをしていかなければならないと痛感しました。

大会を開催してくださった上高野の皆様、本日はありがとうございました!
毎回、トレーニングマッチにもお声かけくださり本当に感謝申し上げます。

保護者の皆様、沢山の応援、本当にありがとうございました!

 11/19 トレーニングマッチ(蓮田G)
VS 大和田ジュニアーズ
12分ハーフ 全3試合(8人制)

今回のテーマは「ボールを奪ってからの選択肢を増やす」
カバーリングの距離感は自分のスピード、判断力、準備によって変わるので、自分を知って毎回成長できるように頑張っていこう。
今までよりもカバーリングからボールを奪えることが増えました。今度は奪った後どうするのかを伝えて試合に臨みました。

ボールを奪ったらまずゴールへ向かうこと、空いていなければスペースへドリブル、逆サイドへ展開。逆サイドへ展開するには味方がいないといけない。今までみたいに団子状態では展開はできない。どうすればいいか、考えてポジションをとれるメンバーが出てきました。その瞬間に何がベストな選択かを考え、動く。今はまだ感覚でもいい。少しずつどうしてそこにいたのか等、説明できるようになってほしいな。

・インターセプトから相手をかわしてキーパーと1対1、キーパーの動きを見て冷静に逆サイドへゴール。
・サイドからの突破、正確なセンタリング、そこへピンポイントで合わせてシュート。
・自分のキック力に自信が出てきてミドルシュートからのゴール。できることが増えてきて自信も出てきてます。
・1対2の状況でも相手の間をダブルタッチや緩急でチャレンジしていたこと。
・細かいステップからすり抜けて1対1、ゴールにはならなかったけど積極的に仕掛けたこと。
・相手が嫌がるようなプレスをひたすらかけ続け、チームに貢献したこと。
・チームのバランスを常に考えてポジションを取っていること。(ポジションを決めていないため)

毎回、コーチに沢山の驚きを与えてくれる子どもたちに感謝です。

大和田ジュニアーズ皆様、本日はありがとうございました!
毎月定期的に試合をしてくださることで子どもの成長を感じることができます。また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、寒い中、サポートありがとうございました!

 11/3 立花キッカーズ招待大会 土屋杯(三郷市立立花小学校)
「優勝!!」(12チーム参加)
【予選リーグ】
VS○三郷FC  VS○瀬崎サッカー
(1位で準決勝進出)
【準決勝】
VS○はくつるFC
【決勝戦】
VS○吉川武蔵野

チーム全員で勝ち取りました。15名で参加。試合出場時間は全員同じ。出ていないメンバー達が必死に応援、点を取った時には全員で喜んでいてとても一体感がありました。よく頑張ったと思います。

今回のテーマは引き続き「カバーリングとその距離感」
抜かれた後、次が早くアプローチすること。その為にはどこにサポートするか。
「いつ」「どこに」を考えながら大会に臨んでもらいました。
少しずつだけどボールよりも後ろに戻り次の準備ができる子が増えてきました。
その中でファーストプレッシャーがボールをずっと見てとりにいかない場面がありました。ボールに近い人が取りにいかないと次の人はいけません。今は抜かれてもいいから積極的にボールを奪いに行こう!その繰り返しが自分の距離感をつかめます。

本当なら前にいきたいところを、チームのバランスを考え必死にディフェンスしてた子、テーマを自分なりに考えプレーしていた子。点は取っていなくてもコーチはちゃんと見てます。いい準備をしている子はちゃんと見てますよ。

対戦してくださいましたチームの皆様、本日はありがとうございました。

そして大会を開催してくださった立花キッカーズの皆様、本日はありがとうございました!
保護者の皆様、熱い応援本当にありがとうございました。
パパママの熱い声援は子どもたちにちゃんと届いてました。

 10/28 トレーニングマッチ(流通G)
VS 西町FC  F.C宮代東 
12分 全8試合
【テーマ】
「カバーリング」

週末になると雨。今日も試合前から雨が降り始め、中止になってしまうかもと各チーム担当者とスタート時間を前倒しにするなど、ご協力いただき何とか試合ができました。

最近のテーマ、「カバーリング(距離感)」を意識してトレーニングマッチに臨みました。抜かれた後に次の人がどれだけ早くアプローチできるか。抜かれた人はどこに戻るのかを見ていました。抜かれた瞬間に相手にアプローチすることで相手の攻撃の準備が整わないのでボールが奪いやすい。アプローチをするということは次にいけるための準備をすること。いい準備=いいプレーにつながることを伝えています。
できている子はとてもいい準備ができている。そうでない子はボールがきてから何かしようとしています。どんどん見て真似をしてみましょう。

スルーパスからの得点。インターセプトの勢いでドリブルし得点。相手に囲まれながらも足の裏を使い絶妙なターンで相手を抜き去るなどコーチが驚くようなプレーが多くみられました。

西町FC、F.C宮代東の皆様、本日はありがとうございました!またよろしくお願いいたします。
保護者の皆様、雨の予報でのテント準備等、本当にありがとうございました!

 10/8トレーニングマッチ(幸手市営少年サッカー場)
VS 上高野SC、大和田ジュニアーズ、FC KAZO 
10分ハーフ 全6試合
【テーマ】
「カバーリング」

練習からやっているカバーリングが試合でできるかを見てました。
ボールよりも前で待っていてはカバーリングはできません。今はポジションを決めないのでボールよりも後ろに戻って守るようにしています。抜かれた後、次のプレッシャーを早くかけれる子は自然とボールが奪えるようになっています。できる子をみてどんどん真似をしよう。
試合の中でボールを奪われた後、その場で立ち止まってしまう子が多く見られました。これは意識の問題。練習から切り替えの速さを意識していこう。

逆サイドへ展開→突破からセンタリングでの得点が見られました。グランドを広く使えるようになってきています。
よかったことは何度もできるようにチャレンジしていこう。

トレーニングマッチにご招待いただいた上高野SCの皆様、本日はありがとうございました!また、対戦していただいた大和田ジュニアーズ、FC KAZOの皆様、ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。
保護者の皆様、本当にありがとうございました!

 9/23 トレーニングマッチ(草加市富士グランド)
VS FCひまわり
15分 5試合
【テーマ】
「守備の大切さ!」

みんな攻撃が大好きで前に前にいきたくなる気持ちがとても伝わってきます。
攻撃も守備もできるようになってもらいたいので、「守備の大切さ」、「ボールを奪うことの大切さ」を伝え試合に臨んでもらいました。
プレッシャーは早くかけれるようになってきたけど、不用意に足を出して簡単に抜かれてしまう場面が見られました。相手とボールの間に体を入れて奪えるようにこれからもがんばっていこう。

スルーパスからの得点、センタリングからの得点が見られました。
よかったことは何度もできるようにチャレンジしていこう。

FCひまわりの皆様、本日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、本当にありがとうございました!

 9/16クーバーカップ(埼玉スタジアム第4グランド)
予選リーグ(4位パートへ)
大宮KSU△
新座ストロング△
戸塚FCJ●
浦和別所●

4位トーナメント
新開●

初めて大会に参加するメンバーが半数以上、緊張している子が多かった。
普段から練習していること(プレッシャーを早くかけること、カバーリング)がしっかり出せれば大丈夫と送り出しました。
3年生の大会でしたので、コーチから少しだけ指示を伝えさせてもらいました。
勝てる試合もありましたがチャンスに決めきれず、負けた試合は相手のプレッシャーの速さ、攻守の切替の速さを実感できたのではないかな。優勝チームはもちろん、上位になったチームに共通していることでした。
これからのトレーニングを頑張っていきましょう。

大会を開催してくださったクーバーコーチングジャパンの皆様、本日はありがとうございました!
保護者の皆様、応援本当にありがとうございました!

 8/19 トレーニングマッチ(安行東小学校)
VS 安行東、草加ジュニア
15分 7試合
【テーマ】
「突破」

お盆休み明けの試合。今日は、ジュニア用フルピッチで試合しました。
グランドがいつもより大きいので沢山動くこと、ドリブルで突破したあとのドリブルスピードを上げることをテーマに。
狭い中、駆け引きを使いながら突破ができるメンバーが出てきましたが、その後スピードに乗れず追いつかれてしまうことがありました。突破後のドリブルが小さくなってしまっているのが原因。小さいドリブルと大きいドリブルを使い分けできるようになるといいですね。目の前の相手を抜くこと、その先も考えながらプレーできるようになるといいですね。
これからも頑張っていきましょう。

安行東さま、草加ジュニアさま、ありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、暑い中、サポートありがとうございました!

 7/29 トレーニングマッチ(草加市富士グランド)
VS FCひまわり
10分を時間まで
【テーマ】
「蹴らない!」

パスを覚えてきたことでドリブルが少なくなってきました。もちろんパスがしっかり通ればいいのですが、混戦の中でも蹴ってしまう子が多くみられました。そこでテーマを説明し試合に臨んでもらいました。すぐにできるわけではありませんが、ドリブルで積極的に仕掛けようとしていた子が増えました。これからも続けていってほしいです。

コーナーキックからの得点、キーパーとの1対1で動きを見ながら確実に決めることができるようになったことに成長を感じました。

FCひまわりの皆様、本日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、暑い中、準備など本当にありがとうございました!

 7/16上高野招待大会(幸手市営少年サッカー場)
予選リーグ(2位パートへ)
ゼウシス○
YANAKA●

2位トーナメント
上高野○
幼体連宮代●
12チーム中6位

大会参加は久しぶり。今回は普段の練習、トレーニングマッチでテーマにしていることがどれだけできるのかを試すいい機会でした。
プレッシャーを早くかけること、カバーリング、守る人は少なくても2人以上。こういったことが大会でどれくらいできるか楽しみでした。大会のプレッシャーだったのかな。普段からは程遠い内容でした。体の大きい相手にビビってしまいプレッシャーをかけられない。カバーリングもできない。前がかりになってしまい、カウンターでやられてしまう。コーチが指示を出すこともできるけど、言われたまま動くのは楽しくないよね。自分たちで考えられるようにこれから練習していきましょう。

今回の結果をまずは自分たちが認めよう。相手よりも自分たちがどれだけできたかが大切なことです。

大会を開催してくださった上高野の皆様、本日はありがとうございました!
保護者の皆様、暑い中の応援、本当にありがとうございました!

 7/9 トレーニングマッチ(上高野小学校)
VS 上高野
10分の入替制(越谷FCで2チーム設定)
【テーマ】
「ボールを奪う!」

ボールの出そうな所への予測、プレッシャーをかける、ボールを奪う、抜かれても次がすぐにプレッシャーをかけれるポジションへ動くといった連動が少しですが見られました。
ボールにいくだけがサッカーではありません。みんなが考えながらプレーできるようになってほしいです。
最初は後ろにポジションを取っていたメンバーが自然と前に前に行ってしまい、カウンターであわやという場面が少なくありませんでした。全体を見るためには常に周りを気にしないといけないことを伝えてます。まだ難しいところですがこれからも伝え続けていきます。

上高野の皆様、本日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、暑い中、サポート本当にありがとうございました!

 7/8 トレーニングマッチ(松伏総合公園多目的競技場)
VS 松伏、吉川武蔵野、青木中央
10分ハーフ(全6試合)
【テーマ】
「ボールを奪う!」

攻撃はとても楽しいですね。ボールを奪える技術ができたらもっと楽しくなることを伝えるため、本日は「ボールを奪う」ことをテーマに。
ボールを奪うためにやるべきことをメンバー全員で考えてもらい(メンバーで共有した内容にコーチがプラスアルファを伝えました。)試合に臨みました。コーチは基本的には見てるだけ。サッカーは誰のためにやるものかを考えてもらうためです。
何も言わなくてもみんなはちゃんとできるんですね。もちろんうまくいかないことのほうが多いのですが、やるべきことにチャレンジしている姿に成長を感じました。


松伏FC、吉川武蔵野、青木中央の皆様、本日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、暑い中、サポート本当にありがとうございました!

 6/24 トレーニングマッチ(幸松小学校)
VS 幸松JFC、上尾東
15分の入替制(全6試合)
【テーマ】
「ボールプレッシャーを早く!」

本日は、メンバー全員でチームのテーマを考えてもらいました。コーチがいくら伝えてもプレーするのは選手。このことを少しでもわかってもらいたくやってみました。この他に各自のテーマを持ってもらい試合に臨みました。試合中もコーチからの声掛けはほとんどなし。やってみると子どもたちはできるんです。
ボールに近い人がプレッシャーをかけるのはできるようになってますが、抜かれた後のカバーリングやこぼれ球への予測がこれからの課題ですね。プレッシャーが早くなってもボールが奪えないと楽しくないですからね。そのためには予測して動く、動いてみることの大切さが体感できたのではないかと思います。
今までは特定の子だけが得点を取ることが多かったのですが、最近は多くのメンバーが得点できるようになってきてます。これも成長ですね。
絶妙なセンタリングからのインサイドボレー、横パスからのダイレクトロングシュート、意表を突くヒールパスなど「おっ!」と言わせるプレーが多くできました。これからが楽しみです。

幸松JFC、上尾東の皆様、本日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、サポートありがとうございました!

 6/18 トレーニングマッチ(蓮田G)
VS 大和田ジュニアーズ、伊奈小針
12分ハーフ 全5試合(8人制)

ボールを奪うこと、カバーリングが少しずつできるようになってきました。しかしボールを奪ったらただ蹴ってしまうことが増えてきたので、ただ蹴ることとパスの違いを説明しプレーしてもらいました。できるできないよりチャレンジすることが増えたのでよかったと思います。
また今もキーパー以外のポジションは決めずにやってますが、周りの状況をみて自然と2人から3人がディフェンスに残れるようになってきました。ずっと前線にいた子がディフェンスラインに残っていることがでてきたのはすごいことですね。これからもチームとして頑張ることの大切さを伝えていきたいと思います。

大和田ジュニアーズ、伊奈小針の皆様、本日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、サポートありがとうございました!

 6/17 トレーニングマッチ(高野台小学校)
VS ゼウシス
10分ハーフ 全5試合
【テーマ】
・ボールを奪う。

毎月トレーニングマッチをさせていただいており、ドリブル技術がしっかりしている
のでどのようにボールを奪うかをテーマにしました。
何も考えずにただ足を出すだけだと簡単に抜かれてしまうことが実感できたと思います。
いくつかヒントあげることで、ボールの奪い方が少しずつできるようになりました。ボールが奪う楽しさを引き続き伝えていきます。


ゼウシスの皆様、本日はありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、暑い中、サポートありがとうございました!

 6/10 トレーニングマッチ(安行東小学校)
VS 安行東、川口
10分ハーフ 全8試合
【テーマ】
・ボールを奪ったら空いているスペース(逆サイド)へボールを運ぶ。
・初めての試合メンバーはあきらめずにボールを追いかける。

6月から入会したメンバー2名は初めての試合。あきらめずに一生懸命にボールを追いかけてました。少しずつボールに触れる時間が増えるよう練習していこう。
1年生の時からの団子サッカーから少しずつ広がってプレーできるようになってきました。ボールを持ったらドリブル、もちろん選択肢としていいことですが、周りをみて空いているところへパスを出すことで個人のプレーの幅を広げることを目的にテーマにしました。事前に周りをみているメンバーはまだまだ少ないのですが、ボールを持ったら意識的に逆サイドへ持っていこうとするメンバーは見られました。言われたことをチャレンジすることはとてもいいこと。これからもチャレンジすることを忘れないでほしいです。

安行東さま、川口さま、ありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、サポートありがとうございました!

 6/3 トレーニングマッチ(大利根運動公園)
VS FC KAZO
12分マッチ(時間までずっと)

 グランドが広く設定されていたため、団子サッカーにならないよう全員が広がってプレーすることを心掛けました。そのためにはボールだけを見ないで周りを見ること(首を振って周囲状況を確認)の大切さを伝え臨みました。自然とボールに寄っていってしまうメンバーが多いため、「首を振って周りを見てみよう、味方同士がくっつきすぎないように」と声をかけることで少しずつ周りをみて広がることができるメンバーがでてきました。サッカーを続けていくのに必ず必要なことだから継続して伝えていきます。

FC KAZOさま、ありがとうございました!またよろしくお願いいたします。
保護者の皆様、サポートありがとうございました!

 5/28 トレーニングマッチ(蓮田グランド)
VS 大和田ジュニアーズ
12分ハーフ 全4試合

 「空いている味方をみつけてパスを出してみよう」をテーマで試合に臨みました。最初は意識をしてパスを出すことができていましたが、白熱するとボールに集中してしまうことが多く、相手が多くいるところにドリブルをしてとられてしまうことがありました。「空いているところを探してみよう」などと声掛けすることで改めてパスを意識するメンバーがでてきました。
サイドをドリブル突破しセンタリングからの得点が2点ありとても素晴らしかったです。センタリングもパスの延長。これからも自身で考えてプレーしてほしいです。

大和田ジュニアーズさま、ありがとうございました!また、よろしくお願いいたします。
保護者の皆様、サポートありがとうございました!